お葬式の出席マナー

【目次】

お葬式の基本的なマナー

葬儀・葬式に出席する時のマナー

葬儀にもマナーというものがあります。
葬儀は年がら年中参加するものではないので、なかなか葬儀出席の機会がない若い人などは、マナーを知らずに戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、葬儀のマナーは本をただせば故人を思いやる気持ちからきています。
面倒に感じるかもしれませんが、きちんとマナーを理解して葬儀に臨みましょう。
まず、葬儀と通夜、告別式の違い、わかりますか?
葬儀とはお経を上げて故人があの世へと旅立てるようにする儀式。
その前日に行われる、死者の霊を慰める儀式が通夜です。
告別式は故人とお別れをするためのものとなっています。
自分がどれに参列すればいいのかはマナーとして一概に言えるものではありません。
一般的には通夜は近親者だけで行われるものですが、地方や家の習慣によっても違います。
ただし、故人と生前かなり親しくしていたというのなら通夜に顔を出してもマナー違反にはならないでしょう。
遺族の方々も喜んでくれるはずです。
葬儀を通して一番に守りたいマナーは、故人の死因や病状を聞かないこと。
口さがない人たちはあれやこれやと聞きたがりますが、遺族にとっては知られたくない場合もありますし、なにより口にするだけで悲しいでしょう。
これを考えないでズケズケと聞くのはやはりマナー違反です。
また、不幸を葬儀の後に知った場合は電話や手紙でお悔やみを伝えましょう。
その後、先方の都合を確認してできるだけ早く弔問するのがマナーです。

葬式の一般的なマナー

お葬式は突然訪れるものです。
だから、予行練習も準備もできないまま本番に臨むことが多いと思います。
お葬式のマナーを熟知していればOKですが、難しいですよね。
お葬式に参列したときに一番悩むのはなんでしょうか?
服装や装飾品に関しては、言われなくても知っている方が多いですよね。
私個人は焼香が一番悩みます。
では、一般的な焼香の手順はどんなものなのでしょう?
@遺族、僧侶に向かって軽く一礼する。
A焼香台に進む。
B遺影に一礼する。
C数珠は左手にかける。
D頭は少し下げたまま、器に入っている抹香を、右手の親指と人差し指と中指で一つまみする。
E焼香を目の高さまで掲げる。
香炉の上で捲くように落とす。
F一歩下がって合掌、深く一礼する。
G遺族や僧侶に一礼する。
DEの回数も一回だったり、二回だったり様々ですよね。
これは宗派によって違うそうです。
ですが、あまり拘らなくても大丈夫なのだとか。
葬儀の場合は僧侶や葬祭業者の方が案内してくれます。
因みに遺族の方への挨拶は軽く会釈程度で・・・長話はやめます。
言葉も「この度はご愁傷様でした」程度にとどめた方が無難です。
出棺の際は、霊柩車が走り出す直前に頭を下げて手を合わせます。
家に帰って塩をまくお清め塩ですが、その名の通り、塩で穢れを払い、身を清めるという意味で、胸元、背中、足下に塩をかけますが、やらない方針の宗派もあるそうです。
最近、塩は葬儀の際にもらうことが多いです。
最低限のことは知っておくと安心でしょう。

葬式はマナーに従って行動しよう

葬式とは人が死を迎えた時に、その人とのお別れを行う儀式です。
人の死とはどんな状況であってもその人を大切に思っている人にとっては辛く悲しいものです。
葬式とはそんな人の気持ちを慰め、死者を悼むという意味合いが込められています。
人が亡くなった後はどうなるのか、これは見てきた人が居るわけではないので誰にも分かりません。
中には見てきたと自称している人は居ますが、あくまでも非科学的な証言なので信じるか信じないかは聞く人次第です。
そのため、亡くなった人を見送る側としては少しでも亡くなった人がその後も安穏と暮らせるようにと願います。
それを形にしたものが葬式です。
日本の葬式は大半が仏式です。
仏式というのは死んだ人が極楽浄土という場所に行くという考え方なので、その時に備えて色々と便宜を図るために葬式を行います。
仏教の中でも日本の葬式は浄土宗と浄土真宗がほとんどです。
これらの宗派には「浄土」という言葉が入っていることを見ても分かるように、日本人は葬式の際に仏教を重んじていることが窺えます。
なお、浄土真宗には2つの宗派があることもよく知られています。
「西か東か」なんて言い方をしますが、これは浄土真宗本願寺派か浄土真宗大谷派かの違いによるものです。
細かい記述は割愛しますが、元々はひとつだった浄土真宗が江戸時代に内部的な対立によって分裂した名残です。
本願寺派は西本願寺、大谷派は東本願寺をそれぞれ本山として現在でも統合されていないことを考えると、この分裂は今後も続くものと思われます。
ほとんど知られていませんが、実は浄土真宗はそれ以外にも宗派があります。
高田派や興正派などは末寺の数も500前後で少ないことから一部特定の信者による宗派だと考えられています。
なお、本願寺派も大谷派も末寺数が1万前後ですから、桁が違います。
ところで、人の死は突然訪れるものです。
もちろん長らく闘病生活を送っている場合や、年齢的に死が迫っていることがはっきりしている場合は事前にある程度の覚悟は出来ていますが、それでも人の死を予想してそれを織り込んだ生活というのはなかなか出来るものではありません。
人の死が突然訪れるということは、葬式も突然訪れるわけです。
これはある程度予測が出来るようなケースであっても、建前として葬式は突然くるものとして行動する必要があります。
その考え方は葬式のあらゆるマナーにも通じる部分なので葬式マナーについてあまりご存じない、という方は頭に置いておいて下さい。

葬儀のマナー、服装

葬儀のマナーでもっとも多くの人が気にするのは、服装ではないでしょうか。
喪服でいい、というのはわかっていても、その他の細々としたところで迷ってしまうことはあると思います。
男性ならば絶対に喪服、というわけでもなく、黒のスーツであればOK。
ジャケットはダブルでもシングルでも構いませんが、シャツは白を選ぶのがマナーです。
ネクタイは当然、黒。
結び方に特にマナーはありません。
ただし、ネクタイピンや胸ポケットのチーフなど、余計な物は付けないのがマナーです。
女性は喪服を選ぶ方が楽ですが、持っていなければ黒のスーツやワンピースで大丈夫。
夏でも肌の露出は最低限に抑えるのがマナーです。
足も素足でなく黒や肌色のストッキングを履きましょう。
男女ともに結婚指輪と時計以外のアクセサリーはない方が好ましいですが、女性はパールならばOK。
ただし、ネックレスを二重にするのは不幸が重なることを連想させるため、絶対にやってはいけないマナー違反です。
靴はサンダルやミュールではなく、きちんとしたパンプスにしましょう。
男女共通の服装のマナーとしては、靴や鞄は黒で光沢のない物を選ぶこと。
殺生を連想させる毛皮もマナー違反です。
フェイクファーもやめておいた方が無難ですね。
子供は制服があれば制服を、なければ白のシャツまたはブラウスに黒のジャケットを着せ、ズボンとスカートも黒にしましょう。
靴下は黒か白を選び、靴は大人と同様、光沢のない物を履かせてあげてください。

葬式の服装の注意点

お葬式の服装について簡単に紹介します。
男性の場合は、ダークスーツ(ジャケット)、白シャツ、黒ネクタイ、黒の靴下、黒の靴が基本です。
女性の場合は、黒やグレー、茶などの地味なスーツ、ワンピース、黒い靴、黒、または、肌色のストッキングが基本です。
会葬者の場合、男性は黒のモーニングコート、通夜では、上下黒のスーツに、腕に喪章をつけます。
略式喪服として、弔問客が多い場合などはブラックスーツでも可です。
女性は洋装の場合、黒無地で長袖のワンピースやス―ツです。
和装の場合は、黒羽二重で染み抜きの五つ紋付き長着、黒無地の丸帯、半襟、下着、襦袢、足袋は白、草履は黒の布製を着用します。
以下のことに気をつけましょう。
メイクについて→派手すぎず自然な感じで。
マニキュアは目立たなければ可。
アクセサリーについて→結婚指輪、地味な腕時計以外は身につけないこと。
パールのネックレスについては一連のものを。
ネクタイピンも使用しない。
ヘアスタイルについて→黒が望ましく、すっきり見えるよう整える。
身だしなみについて→肌の露出を避ける。
毛皮のコートは殺生を連想させるのでタブー。
光沢のあるものは身につけない。
香水も控える。
服装は基本は無地、模様のあるものは望ましくない。
子供の服装については、学校の制服がある場合はその制服が基本です。
制服がない場合は、黒、紺、茶系のジャケット(女の子ならワンピース)、白いシャツ、黒系のズボン(スカート)、黒か白の靴下、黒の靴が一般的です。

葬式・お通夜で必要な挨拶とは?

葬式の挨拶とは、喪主が参列者に対して行うものです。
冒頭でも述べましたが、葬式というのは突然やって来るものです。
冠婚葬祭いろいろある中で、事前に日程が決まっていないのは葬式だけです。
参列者は毎日忙しい中を故人のために駆けつけてくれているのですから、しっかりと挨拶してお礼を述べたいところです。
葬式に関連して、挨拶が必要となる場面は3回あります。
1回目はお通夜、2回目は葬式、3回目は四十九日法要です。
お通夜でのご挨拶のポイントは取り急ぎ駆けつけてくれたということに感謝を述べることが大切です。
先ほども申し上げましたが、お通夜はあらかじめ予定して行われるものではありません。
どんな場合でも突然やってくるものですから、そんな予定に無かった行事にわざわざ来てくれたことは感謝に値します。
また、お通夜の翌日は葬式が待っています。
葬式にも参列してくれる人も中には居るでしょうから、それらの人にお声がけとして「お時間の許す限り、明日もご会葬いただければ幸いです」と付け加えるのが良いと思います。
また葬式と違ってお通夜には特に時間的な制約がありません。
その名の通り夜通し行われるのがお通夜ですが、まさか弔問客に朝まで居てもらうわけにはいきません。
そこで、「夜も更けてきているので、ここからは家族で見守る」という主旨の文言を入れておくのも良いでしょう。
続いて葬式のご挨拶です。
前日のお通夜から続く儀式が無事に終了したことに対する感謝、そして葬式に参列してもらった人々に対する感謝の意を述べる場となります。
言うまでもありませんが、葬式は故人のために行うものです。
故人が親しかった人や故人がお世話になっていた人が来てくれているのですから、故人もきっと満足していることと思います。
そのことについて、故人に成り代わってお礼を述べます。
そして、突然の訃報にも関わらず故人のためを思って参列してくれた人に対してはこの上ない感謝を伝えたいところです。
もしかしたらそれらの人は故人が生前にお世話になったり、亡くなる直前に励ましてくれたりした人かも知れませんので、そういったことに対する感謝の言葉もあってしかるべきでしょう。
最後に四十九日法要です。
これは故人がいよいよ天国に旅立つ階段を上り終えて成仏する日ですから、むしろお祝いの意味も込めて故人を見送ります。
故人を偲びつつ、その故人の分までしっかりと生きていく所存などを列席の方々に伝えたいものです。
法要は仏事ではありますがお祝いの意味もありますから、なるべく笑顔でのご挨拶を心がけましょう。

お通夜のマナー

お通夜のマナー

お通夜のマナーはまず、参列しても構わないかというところから始まります。
お通夜は家族や親戚などごく近しい人々で行う、故人の霊を慰める儀式。
ほとんど面識のない人間がのん気な顔をして行くのはやはりマナー違反でしょう。
しかし、葬儀や告別式に都合があって出られないのであれば、それほど親しくない人でもお通夜に顔を出すのがマナーです。
最近のお通夜は夜通し行うことはあまりなく、午後6時ごろから9時ごろまでが一般的。
お通夜の弔問は早すぎても遅すぎてもマナー違反なので、気をつけましょう。
受付ではまず一礼し、お悔やみを述べます。
これは長すぎても失礼なので、『このたびはご愁傷様です』など一言で済ませましょう。
葬儀に参加しないのなら、香典はお通夜の時に受付で渡します。
受付がなければ遺族に渡すか、霊前に添えるといいでしょう。
繰り返しますが、お通夜は親しい人々の集まり。
遺族の悲しみもまだ大きい時期ですから、あまり大声で話したり、笑ったりなどはマナー違反となります。
無用な会話は避け、あいさつも会釈や目礼で行いましょう。
焼香が終われば帰って構いませんが、食事(通夜ぶるまい)を勧められたら箸をつけるのがマナーです。
しかし、車できている場合はお酒は断りましょう。
これはマナー以前の問題です。
服装は葬儀と同じで大丈夫ですが、急な訃報にかけつけたのなら地味な平服の方が自然。
また、お手伝いをする場合のエプロンは黒か白であれば問題ありません。

お通夜の服装について

お通夜とは、夜を通して死者とともに過ごすものです。
死者はついさっきまで生存していた人ですが、すでに亡くなっているのでお通夜は棺の中の遺体とともに過ごします。
生前から一緒に過ごすことが多かった人が中心になりますから、お通夜はごく近い近親者に限られます。
なお、お通夜には「仮」と「本」があります。
なんだか運転免許みたいですが、仮のお通夜を「仮通夜」と呼び、本格的に行うお通夜を「本通夜」と呼びます。
この違いは何なのかと言いますと、仮通夜は死者が亡くなった当日に行うもので、近しい身内や遺族だけで行いますが、本通夜は一般の弔問を受け付けます。
何らかの都合で葬式に参加できない場合は前日のお通夜に弔問に訪れることが多く、身内や遺族に加えてそういった人たちが参加して行われるのが本通夜です。
筆者が実際に身内で体験した葬式では、葬式を行う日付を調整するために仮通夜を2日間行いました。
仮通夜の前日に行われたお通夜のことを「仮々通夜」と呼んでいたのを覚えています。
お通夜のマナーというのは基本的に葬式とあまり変わりませんが、葬式が正式な儀式であることに対してお通夜は正式なものではありません。
あくまでも追悼の意を表すために行われる実質的なものです。
服装についてですが、基本的には喪服が無難です。
男性の場合はほとんどの人が喪服のスーツとなりますが、女性の場合は喪主になるよう場合だと洋服なのかスーツなのかで迷う方も多くおられます。
ですが最近では皇族の葬式においてもスーツで参列する人が多く、その影響もあってか洋服を選ぶ人が多くなってきています。
髪型や女性の場合はお化粧はどうでしょうか。
あくまでも死者を悼むための儀式なので、派手な髪型やお化粧は避けましょう。
アクセサリー類についても結婚指輪以外は基本的につけないほうが無難だと言われています。
但し女性の場合はパールのネックレスやイヤリングは良いとされています。
これはナゼなのか、筆者も分かりません。
お通夜が葬式と違うところは、正式な儀式でないことと「予測できない事態」であることです。
お通夜にやってきた弔問客が完全に葬式ルックでまとまっていたとしたら、「亡くなることを予想していたのか」ということで失礼にあたります。
あくまでも取り急ぎ駆けつけた、という意味合いが伝われば結構ですので平服のスーツに黒や地味な色のスーツでも構わないという考え方もあります。
筆者はこれまでの経験上、全て喪服で弔問しましたが。

ご焼香のマナー

ご焼香の基本的なマナー

葬儀で欠かせないご焼香。
作法を知らない人が抹香を食べてしまった、なんて冗談もあるほど、初めての人にとってはどうしていいかわからないものです。
詳しいご焼香の作法は他のページで解説するとして、ここではご焼香時に気をつけたいマナーを紹介します。
ご焼香は、葬儀では席順に、告別式では先着順に行います。
この人の方が故人と親しそう、あの人の方が年上っぽい、などとまごまごするのは逆にマナー違反。
速やかに前の人に従ってご焼香を済ませてしまいましょう。
列席者の多い葬儀や告別式では、列の後ろの方にひょっとしたら時間がなくて急いでいる人がいるかもしれません。
もたつかずにご焼香をするというのは、葬儀や告別式のマナーというよりも、他人のことを考える日常生活でのマナーだと言ってもいいでしょう。
ご焼香の回数が気になる人もいるかもしれませんが、あれは宗派などによって変わってくるものなので、特に気にしなくても大丈夫。
むしろ列席者の多い場合は1回だけで済ませておくのもマナーになると思います。
ご焼香が終わったら、次の人に軽く会釈をするのもマナーです。
ご焼香には立礼、座礼、回し焼香などがありますが、どの場合でもあまりに大きすぎる荷物や上着は邪魔になるので預けておくといいですよ。
要するに、作法にこだわりすぎるのではなく、故人への思いやり、他の列席者への思いやりがご焼香のマナーにつながります。
作法も確かに大切ですが、周囲への思いやりを忘れないようにしましょう。

ご焼香の作法

ご焼香の作法を紹介します。
立礼の場合は遺族に目礼してから遺影に一礼し、合掌。
そして抹香(器に入っている砂のような物です)を親指、人差し指、中指の3本指でつまみ、目の高さまで上げてから静かに元に戻しましょう。
宗派によってはこれを2回、3回と繰り返しますが、最近では特にこだわらないことが多いようです。
不安なら前の人や作法がしっかりしていそうな人を真似るといいでしょう。
そしてもう一度遺影に一礼し、僧侶と遺族に一礼して席に戻ります。
座礼の作法は立礼の作法とそれほど違いはありませんが、立ち上がる時に周囲に軽く会釈をするとスマート。
そして遺族の前では座って一礼します。
遺影にも一礼したら、立ち上がらずに膝でちょこちょこと祭壇の前に進み、正座をして合掌、そして抹香を持ち上げて戻します。
席に戻る際も膝でちょこちょこと歩く(膝行といいます)のが作法ですが、席が遠い場合は中腰で静かに移動しましょう。
列席者が座ったままの状態で抹香が回ってくる回し焼香の作法は、まず抹香を受け取る時に一礼。
それを自分の目の前か膝の上に置き、ご焼香の後に合掌してから次の人に抹香を回します。
この時も一礼しましょう。
抹香ではなく線香でのご焼香の場合は祭壇に向かって一礼し、線香を手にとってろうそくで火をつけて、ろうそくの火を手で仰いで消します。
息を吹きかけて消すのは無作法ですので要注意!そして火の付いた線香を香炉に立て、合掌し、遺族に一礼して終わりです。

香典のマナー

香典袋の書き方

香典袋の書き方も、慣れていないと困ってしまいますよね。
結婚式などのご祝儀と同じように考えていると思わぬ赤っ恥をかいてしまう可能性もあります。
この機会にきちんと勉強しましょう。
まず、香典袋に書く文字は薄墨がいいとされています。
これには墨が故人を思って流す涙で薄れる、という意味があるんです。
最近では、絶対に薄墨でなければダメ!ということもないようですが、薄墨の筆ペンは文房具店や書店、100円ショップなどでも売られていて手に入りやすい物となっています。
持っていないのなら香典袋と合わせて買うといいでしょう。
さて、香典袋の表面には下側中央に自分の名前をフルネームで書きます。
連名の場合は目上の人から順に並べて書きますが、この場合は3人まで。
4人以上からは香典袋の表面には代表者の名前だけを書き、それ以外は中袋や別紙に書いておきましょう。
遺族と面識がない場合は会社名などを名前の右に書くといいですよ。
とにかく、香典袋自体には名前だけを書けばOK。
それ以外の情報は中袋に記します。
中袋の表面には金額を「金○○円」と漢数字で書きます。
この時、「也」はいりません。
裏には郵便番号、住所、名前を書きます。
香典袋の書き方は以上です。
特に難しいことはありませんよね?
香典袋の書き方でなにより大切なのは、丁寧に読みやすい字で書くこと。
後で整理する遺族のことを考えて、くせ字や殴り書き、走り書きはできるだけ出さないようにしましょう。

香典の基本的なマナー

香典袋の書き方は他のページで説明しているので、ここではそれ以外のマナーを解説します。
まず、お札は古い物を使うのがマナー。
そして、お札の表面は内袋の裏側に来るように入れましょう。
表袋は下側→上側の順に折ります。
これらは結婚式などのご祝儀のマナーと反対だと覚えておくといいでしょう。
香典袋で気になるのが「御霊前」か「御仏前」か。
これは迷ったらとりあえず「御霊前」にしておけばマナー違反になりません。
仏式なら「御香典」、神式なら「御神前」、キリスト式なら「御花料」などが使えますが、「御霊前」はオールマイティーなので安心ですよ。
また、香典が5千円までなら水引は印刷された物を、それ以上なら本物の水引がついた物を選ぶのがマナー。
金額の目安は相手が誰かによって変わってきます。
友人や知人、勤め先の関係者なら5千円。
取引先は1万円、祖父母や親戚も同様に1万円。
兄弟は3万円、両親なら10万円が平均です。
これは年齢によっても上下するので、周囲と相談してもいいと思いますよ。
香典袋を裸で持ち歩いたり、そのままバッグに入れたりすることはマナー違反。
香典袋はきちんとふくさに包んで持ち歩きましょう。
ふくさの包み方もご祝儀とは逆。
ふくさの中央に香典袋を置いたらまず右側を折り、下側、上側、左側と折り曲げていけば完成です。
香典袋をはさむだけの簡単なふくさもありますが、それを使うのはマナー違反ではないので、上手に活用しましょう。

葬式の香典の金額は?

香典袋の表書きでよく使われるのが、「御霊前」です。
水引きの上、中央に書きます。
基本的には多くの仏式で、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くようです。
ただし、浄土真宗、曹洞宗などの禅宗は、御霊前はなく、「御仏前」になります。
悩む場合は、「御香典」、「御香料」、「御供料」のような中立的な表記がいいでしょう。
キリスト教では、「御霊前」、「御花料」、神道では、「御玉串料」、「御榊料」などを使います。
表書きを書いたら、水引きの下、中央に差出人の氏名を少し小さな字で記入してください。
裏面には、下段左側に差出人の住所と金額を書くようにします(中包みがある場合は中包みに書く)。
香典袋に記入する筆は薄墨が基本ですが、急ぎの場合は黒文字でもいいようです。
金額についての目安は、(あくまでも目安。
故人との付き合いの深さによって金額は変わる)
近隣の人=3千円〜1万円
友人・知人=5千円〜1万円
関係者=5千円〜3万円
ご親族=1万円〜3万円
ご家族=5万円〜10万円
「4」や「9」の入った金額はできるだけ避けましょう。
偶数は2万以外は避けるようにします。
香典袋は、黒、緑、藍、青、グレー系の色のふくさに包んで持って行くのがマナーです。
渡すタイミングは、通夜か葬儀のどちらかに受付で会葬者名簿を記入する際に一緒に渡します。
渡す際には、「このたびはご愁傷様でした。
」などのお悔やみの言葉を付け加えてください。

葬式のマナーと香典の相場

葬式は死者を追悼して葬る正式な儀式です。
もちろん宗教によって様々なしきたりややり方がありますが、正しいマナーや作法を知らないと恥ずかしい思いをするばかりか、失礼にあたってしまうことが数多くあります。
ここでは葬式に参列する人のマナーや作法についてお話します。
まずは服装です。
葬式に参列する人は基本的に喪服で参列します。
ほとんどの場合が仏式の葬式となるでしょうから、その場合は数珠も持参します。
さて、ここでよく悩みの種となるのがお香典です。
お香典とは“香を供える”という言葉から由来しており、香とは貴重なものという意味です。
かつては葬式となると近所の人にたくさんの食事を振舞ったりする必要があり、それが遺族にとっては大きな負担でした。
それを少しでも皆で助けて和らげようということで食料を供えたのが香典のはじまりです。
時代が進むにつれて、その食料が金銭となり、現在に至っています。
香典の由来はさておき、ここで問題になるのがその金額です。
物と違ってお金ですから、はっきりと金額が分かってしまいます。
いったいいくらを包めば妥当なのでしょうか。
これは葬式に対する疑問点として一番よく挙げられるものです。
それでは故人との関係別に香典の相場を見てみましょう。
兄弟姉妹は2万円〜5万円、親戚は1万円〜5万円、友人・知人・隣人は5000円〜2万円、仕事関係は5000円〜2万円、顔見知り程度なら3000円〜1万円となっています。
両親や祖父母など、かなり近いケースはおおむね5万円となります。
いずれにしても、関係が密接なほど金額が大きくなるということがお分かり頂けると思います。
それだけ故人を追悼する気持ちを大きく表現するということですね。
お金ではなくお花や供え物を送ることもあります。
その場合は値段が1万円程度からとなっていますので、何人かの連名で出すのが一般的です。
友人一同、職場の同僚による○○会社一同となっている場合はこのケースに該当します。
このような悩みを最初から持たずに済むように会社や団体などでは最初から金額を取り決めていることもあります。
もっともこれは香典を受け付けている場合のみです。
中には故人の遺志により香典を辞退するという場合もあります。
その場合はどんなに言っても香典を受け付けませんから、弔意だけを伝えることになります。
ですがこれも本音と建前で、香典辞退と言っても親戚からは受け取るケースがほとんどですし、香典とは別に僧侶の代金を肩代わりすることもあります。
やっぱりややこしいですね。

宗教とお葬式

キリスト教、神道の葬式ってどうなの?

日本で葬式というとほとんどが仏式の葬式のことを指しています。
確かに圧倒的に数が多いのでそれが一般的なのですが、それが全てではありません。
中には他の宗教を信仰している人による他宗教の葬式もあるのです。
ここではそんな他宗教のうち、キリスト教と神道による葬式についてご紹介したいと思います。
どちらも仏教に比べると少ないものの、意外に多いのも事実で、これを読んでいる方々の中にも関係のある方は多いかも知れません。
まずキリスト教から見てみましょう。
キリスト教にはカトリックとプロテスタントという2大宗派があります。
両者は同じキリスト教でありながら微妙に教義が違うので、キリスト教の葬式だからと言って同じように扱うことは出来ません。
両者に違いがある部分については後で解説します。
葬式の大きな流れや考え方は仏式と似ているのですが、その表現方法にキリスト教独特のものがあります。
葬式の前日に行われる夜の儀式を仏式ではお通夜と言いますが、キリスト教では前夜式と言います。
葬式で弔問に参列した人は遺体の安置されている棺に向かって献花をするのもキリスト教の特徴です。
聖書の朗読、祈りの後に聖歌を歌うというのもキリスト教ならでは光景です。
またキリスト教では故人が亡くなった日のことを召天記念日と言いますが、カトリックでは死後3日目、7日目、30日目と毎年の召天記念日に追悼ミサを行い、プロテスタントでは特に決まりはありません。
次に神道、つまり神社の神様による葬式についてご紹介します。
葬式の基本的な流れに仏教やキリスト教との大きな違いはありません。
神式でもまずは前日の通夜祭から始まります。
神式の特徴として、全ての儀式を「祭」と呼びます。
これは故人が亡くなってしまったことは悲しいことですが、天に昇って神様のところに行けるというお祝いでもあるからです。
葬式当日に相当するのは葬場祭と言います。
神道ではまず手を清めるために、手水の儀といって手を洗って口をすすぐことから始めます。
香典は玉串料と呼び、故人にも玉串を捧げます。
玉串とは、榊や杉の葉を枝で作られた神様への供え物です。
そして神社でお参りする時と同じように二礼二拍手、但し神社と違ってここでは二拍手は音をたてずに行います。
仏式の法要、キリスト教の追悼ミサに相当するのが霊祭です。
忌明けとなるのは死後50日目で、その時には霊祭が行われます。
仏教の四十九日と一日違いですし、非常によく似た仕組みです。

キリスト教の葬式マナー

私はまだ行ったことがないのですが、お葬式の宗派の中にはキリスト教のお葬式があります。
これは仏教とはまた考え方が違い、供養という意味は持っていないそうです。
キリスト教ですから、基本的には教会で神父(牧師)によって行われます。
カトリック式とプロテスタント式とがあります。
仏教と違って、焼香は行いません(最近は焼香を行う場合もあるそうです)。
代わりというわけではないですが、葬儀の最期に献花を行います。
花は菊かカーネーションが一般的です。
献花の仕方にもマナーがあります。
ちなみに献花のマナーとはどういったものでしょう?
@祭壇に向かい、遺族に一礼する。
A用意された花を両手で受け取る(右手が花で左手は茎が基本)。
B茎の部分が霊前に向くように持ち替える。
C献花台に置く。
D指を組み、頭を下げて、黙祷する。
E少し下がって遺族や神父(牧師)に一礼する。
こういう感じのようです。
仏教ではないので合掌はしません。
黙祷になります。
葬儀は聖書を朗読したり、賛美歌が歌われ、祈りが捧げられます。
式に使用される聖書の一節や賛美歌は受付で渡されますので、知らないからと心配する必要はありません。
通夜にあたるものは前夜式といいます(前夜祭ともいいます)。
お酒は飲みません。
通夜振る舞いと違って、料理やお酒などの会食はなく、お茶菓子や軽食程度のようです。
葬儀の後の会食も基本的にはないようです。
終わった後のお清め塩なども、もちろんありません。
日本ではあまり馴染みがないですが、今後は増えてくるかもしれません。

新興宗教の葬式ってどうなの?

キリスト教や神道のような古い宗教に対して、新興宗教の葬式はどうなっているのでしょうか。
日本の代表的な新興宗教について見てみることにしましょう。
ここでご紹介するのは創価学会と天理教です。
どちらも筆者の独断で新興宗教とさせて頂きました。
それに対してのご意見は色々とあるかとは思いますが、あくまでも主観なのでご容赦下さい。
創価学会の葬式は「友人葬」であることが特徴です。
友人葬とは、友人などの有志が集まって行う葬式のことです。
創価学会はもともと仏教の一派である日蓮宗の宗派でしたが、日蓮宗との対立により訣別し独自の宗教観を持つ団体となりました。
そのため、日蓮宗の教義をくんでいるものの、葬式などの儀式に日蓮宗の僧侶を呼ばなくなったことから、友人葬と名づけられました。
ほとんどの宗教では葬式に導師としての宗教家が存在します。
仏教なら僧侶、キリスト教なら神父、神道なら神主。
創価学会は僧侶を呼ばないことから、導師は創価学会の幹部や上司にあたる人物が担当するそうです。
臨終後にまずお通夜があり、その翌日に葬式となるのは仏式と同じです。
ただ、そのお通夜や葬式の席上では創価学会独特のお経や題目などを読経、唱和します。
創価学会とは全く性格の違う新興宗教ですが、大きな組織を誇るものに天理教があります。
天理教は奈良県天理市に本拠地を置く宗教団体で、仏教から派生した創価学会に対して、天理教は神道から派生した宗教です。
そのため、葬式の作法も神式に近いのが特徴です。
神道と違って天理教独特の考え方が反映されるのがお通夜に相当する葬式前日の儀式「みたまうつし」です。
天理教では人間の体は神様から借りているもので、自分のものは心だけだと考えられています。
死ぬということは使い古した体を神様に返して、次に生まれ変わるまで心は神様のところにあるとされています。
そのため、ここで言う「みたまうつし」とは、天理教の根幹を成す大変重要な儀式です。
天理教の関連サイトを見ていても、みたまうつしと翌日の葬式のどちらかにしか参列出来ないのであれば前日のみたまうつしに参列することを推奨しています。
故人の遺体に向かって行う礼拝も、玉串を捧げるスタイルですからこれも神道とよく似ています。
ただ、神道が二礼二拍手であるのに対して天理教は二礼四拍手です。
拍手をする際には普段の神社詣りのように大きな音をたてるのではなく、音を立てないように拍手をするという点においては神道と同じです。
このような拍手のことを忍び手と言います。

無宗教葬とは

「無宗教葬」は、仏教やキリスト教、神教などの宗教にこだわらない葬儀のことを言います。
故人の生前の生活に全く宗教が関わっていないのに、葬儀だけは何かの宗教のやり方で行う事に、疑問を持たれる方も多いと思います。
最近では、参列者が多くなると思われる方の会社の社葬だったり、故人が芸術家であったり、もしくは芸能人であった場合などは、無宗教葬で執り行うことが多いようです。
無宗教葬では、仏教葬なら僧侶、神教葬なら神官、キリスト教葬なら神父といった方々を招いての儀式などは行わず、故人との別れを大事にしています。
生前のビデオや写真を上映して、生涯を振り返ってみたり、故人にまつわるエピソードを語り合ってみたり、お焼香の代わりに献花をしたりと、今までの一般の葬儀の型式にはとらわれず、自由に執り行うことができるのです。
しかし、故人の先祖が代々眠っている菩提寺に墓地が有る場合、無宗教葬で執り行うと僧侶を呼ばないので戒名が付けられません。
戒名が無いと菩提寺に納骨できない場合もあるので、その様な場合は事前に菩提寺の僧侶に戒名をお願いし、無宗教葬での葬儀を行うことを説明しておく必要があります。
葬儀は自由に執り行っていいのですから、宗教にこだわる必要はありませんが、菩提寺がある場合には注意が必要ですね。
親族の方とも相談して決めると、後々トラブルにならなくていいでしょう。